読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

florineのブログ

読んだり観たり遊んだりした感想

7月の読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2093ページ
ナイス数:51ナイス

山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビ山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビ
三部作のラスト。前回の『山小屋で、会いましょう!』は早々に購入した後でICIスポーツ登山本店にてサイン本を発見して残念だったが、今回は無事サイン本GET。コンタクトレンズと清潔なトイレの問題を解決しない限り小屋泊りもままならない私ですが、「悩んだときは山に行け!」の精神はしっかり息づいています。日帰り登山でも自炊したら楽しそう。
読了日:07月03日 著者:鈴木 みき
愛人(ラマン) (河出文庫)愛人(ラマン) (河出文庫)
確か島本理生さんが文体に魅せられたと紹介していたので読んでみた。自伝的小説なのにほとんど現在形で語られ、一人称と三人称が混在しているのが斬新だった。が、翻訳によるところが多いので、たとえば村上春樹が訳したら1Q84みたいな普通の語りになるのではないか。内容的には、長男にだけ異常な愛情を注いで家を破滅させた母親のせいで、15歳の若さで愛人を持ったヒロインに深く同調した。顧みられずに死んでいった下の息子も哀れであった。表紙の写真は著者が18歳のときのものだそうな。なんと妖艶な。
読了日:07月04日 著者:マルグリット デュラス
ガリレオの苦悩 (文春文庫)ガリレオの苦悩 (文春文庫)
落下る(おちる)、操縦る(あやつる)、密室る(とじる)、指標す(しめす)、攪乱す(みだす)の5章。安定の面白さ。トリックの難易度といい語りの絶妙さといい、やはり私はこの人の作品が好きだ。ドラマのオリジナルキャラだった内海薫が「落下る」で登場。前作まで湯川先生は佐野史郎をイメージして書かれていたが、今回からはドラマの福山雅治っぽくなっている。「攪乱す」の悪魔の手の話がよかった。
読了日:07月09日 著者:東野 圭吾
マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル
面白かった!この人の作品を読むと何故いつもこんなに満足感が得られるのか。それは人物が緻密に描かれているからだろうと思う。私にとって一番興味があるのはやはり人間だから。ホテルには様々な人が訪れる。刑事にも色々な人がいる。犯罪を犯す人には理由がある。そういった人生の背景まで生き生きと描かれているのでリアリティがあり、読者は擬似体験ができる。今夜私はホテルマンと刑事を体験した。またひとつ人生が豊かになった。
読了日:07月11日 著者:東野 圭吾
暴力団 (新潮新書)暴力団 (新潮新書)
ちょっと前に三省堂本店のベストテンで新書部門の上位に入っていたので読んでみた。暴力団やマフィア、半グレ等について大変わかりやすく解説してありました。今まで怖いだけでよくわからなかったけど、少しわかってみたらもっと怖かった。
読了日:07月18日 著者:溝口敦
人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))
何度目かわからないほど読んだ。確認したいことがあって再読。
読了日:07月19日 著者:太宰 治
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2012年 07月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2012年 07月号 [雑誌]
所得の50%近い諸税に25%の消費税、高福祉高負担のデンマークでは、30代半ばで大学に復学し、修士まで通う事ができるらしい。将来の不安はないという。幸福感世界一という不思議の国の暮らしぶりに驚愕。しかし日本がこれをやったら、国民は搾取されるだけで終わりそうな気がして怖い。
読了日:07月25日 著者:
トヨタがF1から学んだこれだけのことトヨタがF1から学んだこれだけのこと
F1参戦にあたっての途方もない費用と苦労、優勝を目前にして撤退を強いられたチームの無念さが伝わってきた。スポーツカーには贅沢と危険のイメージがあり、控え目・謙遜・譲り合いを美徳とする日本人は愛情を持ちにくいのではないか。TMG風洞設備やトヨタ社の大政奉還など、トヨタ車に乗りながら何も知らない自分を再確認した。
読了日:07月25日 著者:赤井 邦彦
まぼろしのペンフレンド (講談社青い鳥文庫fシリーズ)まぼろしのペンフレンド (講談社青い鳥文庫fシリーズ)
1970年の作品。携帯電話はおろか、家にもまだ電話があまり普及していなかった頃のお話。雑誌に名前と住所を載せてもらい、ペンフレンドを募って交流するのがその頃の小中学生の間で流行っていたらしい。今なら個人情報が云々でとんでもないが、よき時代だったようだ。アンドロイドの本郷令子が嫉妬の感情を持つところが印象的だった。
読了日:07月27日 著者:眉村 卓,緒方 剛志

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター