florineのブログ

読んだり観たり遊んだりした感想

2017年1月の読書メーター

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1438ページ
ナイス数:37ナイス

飛ぶ夢をしばらく見ない (新潮文庫)飛ぶ夢をしばらく見ない (新潮文庫)感想
山田太一ファンタジー三部作の初作品らしい。タイトルがラノベっぽいと思ったら、中身も昭和ラノベ。設定は当時にしては斬新だったのかもしれない。若返っていく愛人に対する中年男のエロスはよくわかった。
読了日:01月17日

著者:山田 太一


(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))感想
面白かった。『竹取物語』を現代の若者向けにテンポよくアレンジしてある。特にかぐや姫が五人の公達にリクエストした五つの品を、それぞれ神の力が宿った宝に見立てたところがよかった。中でも蓬萊の玉の枝は秀逸。月の満ち欠けにあわせて熟す白き果実ーーそれをひとかけ口にすれば、この世の知恵を望むだけわがものにできる。そしてその力を使った藤原不比等が右大臣として君臨したという設定もまことしやかで痛快だ。が、肝心の月守りカップルがかぐや姫と皇子というのはやや出来過ぎで安直感あり。あとラストの2行は蛇足だと思う。
読了日:01月23日

著者:安澄 加奈


王妃マルゴ 5 (愛蔵版コミックス)王妃マルゴ 5 (愛蔵版コミックス)感想
マルゴの母親カトリーヌ・ド・メディチは本当にこんな策略家だったのか。描かれているこの時代の王家で生き抜くためには先の先まで見通せる頭の良さが必要だった事は想像出来るが。シャルルのように心身ともに弱い人間が国王になってしまう世界、大量虐殺でセーヌ川が死体で埋め尽くされたり、力なき国民は大変だなぁとしみじみ。相変わらず絵が緻密で美しかった。
読了日:01月27日

著者:萩尾 望都


ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)感想
今回はオスカルとアントワネットのエピソード。オスカルの方はすぐに内容が予想できたが、ラストで男としての人生を与えてくれた父親に感謝するシーンは何度見ても感動。この時代の女性はそんなにつまらない存在だったか。まあ今も大して変わらないような気がするが。アントワネットのブレゲの時計のエピソードは、知りたかった内容なので嬉しかった。ミニッツリピーターを打つマリー・アントワネットNo.160を知ったのは、確か『ギャラリーフェイク』でだったような気がする。
読了日:01月27日

著者:池田 理代子


花に染む 2 (クイーンズコミックス)花に染む 2 (クイーンズコミックス)感想
花乃復活。早気が治ってよかった。雛が誘導したみたいだけど、そもそも雛は陽大を好きなんだろうか。ぽいっと鍵をもらえる関係うらやましい。相変わらず地元が舞台なので景色も楽しんでます。
読了日:01月31日

著者:くらもち ふさこ


ポーの一族 復刻版 1 (フラワーコミックス)ポーの一族 復刻版 1 (フラワーコミックス)感想
電子書籍無料版にて。懐かしい。エドガーとメリーベルの兄妹が美しかった。「クリスマスは?」「ロンドンで」
読了日:01月31日

著者:萩尾 望都


読書メーター

2016年の読書メーター&鑑賞メーター

2016年の読書メーター
読んだ本の数:79冊
読んだページ数:15893ページ
ナイス数:713ナイス
http://bookmeter.com/u/34422/matome_y?invite_id=34422

 

2016年の鑑賞メーター
観たビデオの数:50本
観た鑑賞時間:10968分

 

歳のせいか目のせいか、本があまり読めなくなりました。

記録を見てもマンガばかりで苦笑。

まあそういう時もありますって事で。

2016年12月の読書メーター

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:439ページ
ナイス数:42ナイス

許されようとは思いません許されようとは思いません感想
しばらく積んであったが、読み始めれば面白くて一気読み。人間の闇の領域を描いた5作品、堪能いたしました。自分の事を「ばあば」と呼ぶ人間の印象が良くなかったので、『ありがとう、ばあば』はダークサイドに堕ちながら楽しんでしまった。また、小学生の頃から夏休みの宿題は七月中に終わらせるような子どもだったという『姉のように』の主人公には、愚かにも自分を重ねて哀れを感じてしまい、これまた黒々とした余韻が残った。
読了日:12月5日

著者:芦沢央


花に染む 1 (クイーンズコミックス)花に染む 1 (クイーンズコミックス)感想
あらすじを見て『駅から5分』の圓城姉弟の話らしいと知り購入。二人にこんな秘密があったとは。雛さんの魅力に取り憑かれているので、じっくり楽しませていただきます。
読了日:12月5日

著者:くらもちふさこ

読書メーター

2016年11月の読書メーター

2016年に投稿し忘れた月のまとめを年間まとめより抜粋。

 

 

マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)マルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)感想
電子書籍無料版にて。アニメを先に見ているのでイメージが違ったが、嫌いなタイプではない。バロットはもう少し大人っぽくてもいいと思うが、ロリ顏の方が万人受けするんだろう。巻末にあった初期作品のキャラデザの方が私にはしっくりくる。原作の小説は購入済みだが未読。何度見てもストーリーが秀逸。
読了日:11月2日

著者:大今良時


新世界より(1) (講談社コミックス)新世界より(1) (講談社コミックス)感想
電子書籍無料版にて。アニメ版を最初に見て、次に原作も既読。凄く面白いSFなのに、これは男性用エロ漫画だった。特にパンツの前が見えるようになっている衣装とかありえない。まあそういう用途で描かれた作品なんだろう。貴志祐介は納得しているのか?まあこれを見て原作を読んでみたいと思う人もいるかもしれんて。
読了日:11月5日

著者:及川徹


うそつきリリィ 1 (マーガレットコミックス)うそつきリリィ 1 (マーガレットコミックス)感想
女装趣味のイケメン男子に告白された女の子の物語。絵も綺麗だし嫌いじゃないけど、女装の理由とか学校の反応とかリアリティないので、のめり込める内容ではない。高校生位までなら楽しめるのかな。
読了日:11月7日

著者:小村あゆみ

 


うそつきリリィ 2 (マーガレットコミックス)うそつきリリィ 2 (マーガレットコミックス)感想
体育祭とかクリスマスとか誕生日とか、楽しそうでいいねえ。私の高校時代には、皆もっと真剣に恋愛していたような気がしますが。
読了日:11月9日

著者:小村あゆみ

 

 


羊と鋼の森羊と鋼の森感想

2016年本屋大賞受賞作。久々にいい話の実感。労せずして読め、ストンと胸に落ち、じんわりと余韻を残す。才能や素質ではなく、外村くんみたいな純朴な人が一歩一歩羊と鋼の森を歩き続けられるのかもしれない、という正論を素直に受け入れる事が出来た。純正律で調律したピアノを使えば和音は美しいというような、ピアノと調律に関する薀蓄も興味深い。天の川のカササギの話、ずっと忘れていた。
読了日:11月11日

著者:宮下奈都


うそつきリリィ 3 (マーガレットコミックス)うそつきリリィ 3 (マーガレットコミックス)感想
なんかギャグマンガみたいになってて流し読みしちゃった。お疲れ様。
読了日:11月11日

著者:小村あゆみ

 

 


天地明察(1) (アフタヌーンKC)天地明察(1) (アフタヌーンKC)感想
電子書籍無料版にて。なんとなくタイトルから警察モノかなーなんて思っていたが全然違った。こういう話だったのか!読むうちにグイグイ引き込まれていったので、結構好きなジャンルらしい。そのうち原作を読んでみよう。
読了日:11月19日

著者:槇えびし

2016年7月の読書メーター

2016年に投稿し忘れた月のまとめを年間まとめより抜粋。

 

 

ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会感想

友達を作れないお嬢様もブログネタのために生活しちゃう主婦もいるだろうけど、栄利子のはちょっと極端すぎて著者の悪意を感じてしまった。仕事の出来る女は気配りも出来ますよ、と少々弁護しておく。そして多分友達付き合いの上手い女代表であるはずの真織もどうも好きになれない。上っ面の慰め合いや愚痴や井戸端会議を軽蔑したり莫迦にしたりしてはいけないという考えには同意。みんな失敗したり痛い目見たりしながら人間関係築いているのです。私も明後日は女子会。
読了日:7月5日

著者:柚木麻子


魔獣学園 (ソノラマ文庫 (270))魔獣学園 (ソノラマ文庫 (270))感想
生まれつき運の悪い新米教師が赴任した学園には、エスパー、エイリアン、狼男、ミュータント、アンドロイド、未来人、スーパーウーマンがいて事件頻発。実は先生の巻き込まれ能力のせいだった、というSF全部入りのお話。ドタバタですがそれなりに面白かった。

読了日:7月6日

著者:清水義範

2016年5月の読書メーター

2016年に投稿し忘れた月のまとめを年間まとめより抜粋。

 

 

極黒のブリュンヒルデ 5 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 5 (ヤングジャンプコミックス)感想
ドイツの偉大な英雄が私の好きなニーベルンゲンの歌ジークフリートで嬉しい。最高の予知能力者スカジ登場。佳奈がカズミが死ぬ予言をして揺れる村上と魔女たち。生きているだけで幸せだという事をまた思い出させてもらった。
読了日:5月30日

著者:岡本倫


極黒のブリュンヒルデ 6 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 6 (ヤングジャンプコミックス)感想
完璧な予知能力者スカジからどうやって身を守るか。カズミ、グッジョブ!期間限定無料ばかり読んでスミマセン。
読了日:5月30日

著者:岡本倫

 


重版出来! 2 (ビッグコミックス)重版出来! 2 (ビッグコミックス)感想
『ツノひめさま』の高畑一寸、ついに梨音と別れる。別れたいけど別れられない、あんたも男ならわかるだろ?と聞かれ「いや自分は即切りですね、そんなメンドウな女。」と即答した五百旗頭さん大好き。見事に金目のモンだけ持ってった梨音あっぱれ。製版の及川遙さん、潤一さんとうまくいって良かったね!相手の仕事も理解出来ないようなカップルは続かないよね。
読了日:5月31日

著者:松田奈緒子


重版出来! 3 (ビッグコミックス)重版出来! 3 (ビッグコミックス)感想
絵の上手い東江さんと、見せ方は天才だけど絵の下手な中田伯クン登場。マンガを読むという行為は、絵とセリフを見ながら頭の中でアニメを構築していく事だと私は考えている。キャラを自分のイメージした声で喋らせ動かす。見せ方の上手いマンガは脳内のアニメが生き生きと躍動するのだろう。視点の誘導、フキダシのポジション、構図で表わす心理描写ーーなるほどね。中田ドヘタ伯がネームを「頭の中に流れる映像をそのまま描けばいいんじゃないですか?」と言っていたけど、同じような事を竹宮恵子先生が仰っていたのを思い出した。
読了日:5月31日

著者:松田奈緒子


重版出来! 4 (ビッグコミックス)重版出来! 4 (ビッグコミックス)感想
数字を出し続けないともっと多くのものが失われる。「ツブシの安井」さんのおかげで新人作家の連載もバンバン立ち上げられて助かる。分かるけど、正しいんだけど、東江さんは潰れる。理想だけで仕事ができる人間は、この世に何人くらいいるんだろうな。全くね。ドラマで中田伯が沼田さんのネームに感動するシーン。アンドロイドの自己犠牲の話じゃなくて、自分自身の存在を問う物語だという沼田さんのネーム、I’M HEREが読めて良かった。あと原作では五百旗頭さんが既婚でガーン(笑)
読了日:5月31日

著者:松田奈緒子

2016年1月の読書メーター

2016年に投稿し忘れた月のまとめを年間まとめより抜粋。

誰も見てないと思うけど一応けじめって事で。

 

 

薬指の標本 (新潮文庫)薬指の標本 (新潮文庫)感想
どうしようもなく人を嫌いになったり好きになったりする事がある。心の襞の奥を上手く描き出す作家さんだなぁと思った。
読了日:1月2日

著者:小川洋子

 


イタズラなkiss 第1巻 (フェアベルコミックス CLASSICO)イタズラなkiss 第1巻 (フェアベルコミックス CLASSICO)感想
電子書籍版が無料だったので読んでみた。大昔に紙のコミックスで読んだが、今回はフルカラー版で大変美しい。長生きはしてみるものだ。相変わらずお似合いの二人だったが、入江君のお母さんが何故ここまで琴子に肩入れするのか今となっては不思議。永遠に完結編が読めないのはつくづく残念な事だ。

読了日:1月4日

著者:多田かおる


いつもポケットにショパン(1) (マーガレットコミックス)いつもポケットにショパン(1) (マーガレットコミックス)感想
電子書籍版期間限定無料にて。これもだいぶ前に紙のコミックスで読んであったが「あ あれ? ちんば」が「あ あれ? ふぞろい」になっている事に気付ける程には覚えていた。上邑がティッシュではなくチリ紙と言うところなど時代を感じるが、内容はのだめに全く負けていない。というか、この先の両親の話を知っているだけに、こっちの方が断然好み。古い人間ですみません。今思うと、私はくらもちふさこさんの世界観が結構好きだった。読んでいない作品も是非読みたい。
読了日:1月4日

著者:くらもちふさこ


モーメント 永遠の一瞬 1 (マーガレットコミックス)モーメント 永遠の一瞬 1 (マーガレットコミックス)感想
電子書籍期間限定無料版にて。今度はフィギュアスケート。ケータイが出てくるのでそんな昔の話ではなさそう。「いつもポケットにショパン」でも思ったけど、ヒロインが怪我しないか心配でハラハラする。羽生結弦が流血状態で飛んだりスピンしたりで優勝したのは本当に奇跡だったなぁと思う。みんな身体を大事にして夢を実現して欲しい。感想になってなくてスミマセン。
読了日:1月4日

著者:槇村さとる


ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)感想
電子書籍期間限定無料版にて。昔のママレード・ボーイだと思っていたら続編だったのでビックリ。幼い弟と妹でまた同じような恋愛模様が繰り広げられそう。少し気になるけど、続きを買って読む程ではないかな。今の私にはリアリティが無さすぎる。という事はくらもちふさこ作品にはリアリティを感じているという事かもしれない。
読了日:1月4日

著者:吉住渉


ママレード・ボーイ (1) (りぼんマスコットコミックス)ママレード・ボーイ (1) (りぼんマスコットコミックス)感想
電子書籍期間限定無料版にて。初版は1992年ですと。当時は結構面白いと思ったけど、やっぱり今見るとリアリティないなぁ。茗子の冷え切った両親についても上っ面の説明だけだし、人間関係の背景が薄っぺらに感じる。エラソーでスミマセン。
読了日:1月4日

著者:吉住渉


きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)感想
電子書籍期間限定無料版にて。処女歴33年独身女子が一回り年下の学生に好かれ、メガネ取ると美人。絵に描いたようなラブコメだけど、女の子はこういうのに自分重ねてうっとり出来るんだろうか。申し訳ないけど私は『姉の結婚』くらい屈折してないと興味持てない。そういえば幼稚園の頃から白雪姫より不思議の国のアリスだったなぁ。あと眠れる森の美女で一番印象的だったのは糸車で、しばらく絵を描けば糸車の針に手を刺すシーンだった。まあ今更自分の屈折ぶりを確認するまでもないですが。
読了日:1月4日

著者:藤村真理


ベルサイユのばら 1 (フェアベルコミックス)ベルサイユのばら 1 (フェアベルコミックス)感想
電子書籍無料版にて。オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ、ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン、アンドレ・グランディエはスラスラ言えるが、マリー・アントワネット・ジョゼファ・ジャンヌ・ド・ロレーヌ・オートリッシュは暗記していなかった。不覚。
読了日:1月4日

著者:池田理代子


ダブル・ファンタジー〈上〉 (文春文庫)ダブル・ファンタジー〈上〉 (文春文庫)感想
随分前に電子書籍で買ってあったのをやっと消化。官能小説のような部分もあるが、才能ある女性が付き合う男性によってどう駄目になるかが一番描きたい内容かもしれない。とにかく奈津の旦那の省吾が酷い書かれようだ。よくもまあこんな嫌な男を作れたものだと感心しきり。あと神格化されている志澤も当初のメールでのやりとりは中高生並だし、さっさと離れていく様も大人気ない。まあ下巻への伏線なんだろうけど、昔付き合っていた先輩との出会いも含めてどうまとめていくのか楽しみだ。
読了日:1月9日

著者:村山由佳


昨日の海は昨日の海は感想
田舎町の平凡な高校生だった主人公の家に、存在も知らなかった伯母が従妹を連れて戻ってくる。25年前に亡くなった祖父母は、海の事故ではなく無理心中だったと聞かされ、その原因を調べようとする。自分が芸術家の孫だったと知ったり、クラスメイトの女子がひたむきに絵を描く姿に惹かれたり、何もかも明らかにするだけが正しいやり方ではないと悟ったり、大人へと変化していく過程が丁寧に描かれていてよかった。が、祖父母に関する真相については、果たして死ぬほどの事なのかと疑問に思った。
読了日:1月23日

著者:近藤史恵


坊っちゃん (新潮文庫)坊っちゃん (新潮文庫)感想
確認したい事があって再読。山嵐の机の上に長い事置いてあった小銭はやはり一銭五厘だった。教師の月給は四十円、東京に戻ってからの街鉄の技手の月給は二十五円で家賃は六円だ。主人公の無鉄砲ぶりは相変わらず心地よい。袂に入れてあった卵を次々と野だいこにぶつけるシーンは絵になる。もっと末長く清と暮らせればよかった。

読了日:1月28日

著者:夏目漱石


極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)感想
電子書籍4巻まで期間限定無料にて。アニメも少し見ている。SFやファンタジーは色々見たり読んだりしてきたが、この設定は斬新だった。「鎮死剤」のネーミングが見事。
読了日:1月29日

著者:岡本倫


極黒のブリュンヒルデ 2 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
この巻だったか定かでないが、ハーネストがher nestだというくだりでExcel関数のネストを思い出した自分に笑った。百目みたいな宇宙人怖い。
読了日:1月29日

著者:岡本倫


極黒のブリュンヒルデ 3 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
転位の魔法の使い方がよかった。胸はちょっと大きすぎ。ところでブリュンヒルデジークフリートの奥さんだっけ?と思ったら奥様はクリームヒルトであった。色々ごちゃ混ぜの記憶。
読了日:1月31日

著者:岡本倫


極黒のブリュンヒルデ 4 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 4 (ヤングジャンプコミックス)感想
奈波の視憶と操憶は怖かった。けど村上は見たものをカメラのように記憶する能力があるため記憶は消されずに済んだ。というのはちょっと出来過ぎのように思えたが、十分面白いからいい事にする。4巻まで無料の期間は過ぎてしまったが、是非最後まで読んでみたい。
読了日:1月31日

著者:岡本倫