florineのブログ

読んだり観たり遊んだりした感想

2017年9月の読書メーター

2017年9月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1786
ナイス数:79

バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)感想
子供の頃に簡約版を読んだ記憶があるが、省略のない完訳版をちゃんと読めてよかった。今更ながらシャーロック・ホームズに興味を持った理由は、大逆転裁判をプレイしたからに他ならない。まあどんな不謹慎なきっかけでも名作に触れるのは良い事だ。そしてシャーロック・ホームズ・シリーズを読んでいれば、大逆転裁判はより一層楽しめる。名探偵コナンも無論一層楽しめる。そうして人生が豊かになっていくのだ。事件自体は現代の捜査ならあっという間に解決するような内容でも、馬車と電報の時代ではさもありなん。
読了日:09月10日

著者:コナン・ドイル


緋色の研究 (新潮文庫)緋色の研究 (新潮文庫)感想
これまた大逆転裁判の影響で。というか、子供の頃に読んでおくべき本の取りこぼし拾いの一環。小学校の図書室や学級文庫に置いてあったのは子供向けの簡略化された児童書ばかりだった。やはり一度はきちんと読んでおかねばとずーっと気に病んでいた(笑)ホームズとワトソンの出会いや、巻尺や拡大鏡を使用しての捜査、グレグソンとレストレードの間抜けぶり等が確認出来てよかった。言われ尽くされている齟齬もその通りだと思う。大逆転裁判2では実にScarletを効果的に使っているので、興味のある方は是非プレイして欲しい。
読了日:09月10日

著者:コナン ドイル


四つの署名 (新潮文庫)四つの署名 (新潮文庫)感想
シャーロック・ホームズのトレードマークと思われているインバネスコートに鹿撃ち帽という服装は、正典には全く表記がなく、挿絵や演劇によって作られたイメージであると知って驚いた。そしてこの作品によれば、ホームズは1日にコカインを3度打つ不健康極まりない男だった。ワトソンはこの事件でほんの数時間冒険を共にした女性に恋をして婚約。といったような私生活面を垣間見る事が出来たのが収穫。事件の内容は今ひとつ面白味に欠ける印象。
読了日:09月10日

著者:コナン・ドイル


恐怖の谷 (新潮文庫)恐怖の谷 (新潮文庫)感想
シャーロック・ホームズ・シリーズの長編から始めて4作目。ホームズの推理にもだいぶ慣れてきた。ただ、意外性を演出するための脇役があまりにも間抜けすぎて、少々鼻についてきた。今回は推理小説として大変分かりやすい内容だったのと、宿敵モリアティ教授の存在が匂わされている事が新鮮で退屈しなかった。やはり発表順に読んだ方が、事件の回想や人物関係は分かりやすかったかな、と後悔している。
読了日:09月11日

著者:コナン・ドイル


シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)感想
長編を読み終わり短編集へ。きっかけは大逆転裁判だったが、さらにドラマ「SHERLOCK」をシーズン1〜4まで完走。出来れば正典は発表順に読みたかったが、ドラマに出てくる短編はその都度先に読んでしまった。やはり元ネタを知っているとドラマも倍楽しめる。ホームズの推理にもだいぶ慣れ、展開を予想出来るようになってきた。ホームズとワトソンのウィットに富んだ会話が楽しい。
読了日:09月20日

著者:コナン ドイル


シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)感想
「ノーベリ」の元になった『黄色い顔』、マイクロフト初登場の『ギリシャ語通訳』、モリアーティ教授が登場した途端いきなり終焉を迎える『最後の事件』等々盛り沢山。当時のストランド・マガジン読者は突然の最終話に嘆いただろうなと。捜査は相変わらず拡大鏡で足跡を見たり夜中に張込みをしたり。調べ物も書物や文書に当たったり電報で問い合わせたり大変だ。今なら指紋とDNA鑑定で一発な内容も、19世紀の犯罪者は平気で葉巻の吸殻を暖炉に放り込んで現場を去る。それでも続きを読みたいと思える意外な結末を用意するところが凄い。
読了日:09月27日

著者:コナン・ドイル

読書メーター

2017年9月の鑑賞メーター

2017年9月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:1166分

『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン1『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン1
dTVで。面白かった!緋色をピンクにしたり、原作で馬鹿にしていたLachelを正解にしたり、あちこちにパロディ満載で楽しめる。概ね原作を現代に忠実に再現しているのに、モリアーティだけがイメージ刷新でおったまげ。
鑑賞日:09月16日

監督:スティーヴン・モファット,マーク・ゲイティス


SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]
dTVで。相変わらず面白い。特に第1話は秀逸。原作でホームズが唯一敬意を表する女性のアイリーン・アドラーをドラマでどう使うか楽しみにしていたけれど、想像以上だった。パスコードのくだりは誰もがあっと驚いたのではないかな。ラストで安心させてくれる昔ながらの映画のようなシナリオに感動。
鑑賞日:09月17日

監督:


SHERLOCK/シャーロック シーズン3 Blu-ray BOXSHERLOCK/シャーロック シーズン3 Blu-ray BOX
dTVで。ワトソンの結婚に伴い原作から大いに逸脱している。つまらないとは言わないが前ほど面白くない。ラストでモリアーティの復活を匂わせているのでシーズン4に期待。あとシーズン3から吹替版も見られるようになったが、違和感満載でやはり字幕版推奨。ベネディクト・カンバーバッチが「ホビット 竜に奪われた王国」でスマウグ役だったのには驚いた。
鑑賞日:09月18日

監督:スティーヴン・モファット,マーク・ゲイティス


SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [DVD]SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [DVD]
シーズン3の後にシャーロックが精神の宮殿で経験した事件という設定らしいが、原作の時代での二人が見られて面白かった。当時の街や屋敷の内外、服装等が美しい。ペルシャスリッパの中にタバコを入れたり、指先を合わせて考えるポーズ等を忠実に再現していると思えば、ワトソンの妻の素性を大胆に変えたりぶっ飛んだ作りが楽しい。移動は馬車、連絡は電報ではさぞや調査が難航した事だろう。ワトソンはこの時代の方が合っていると思う。マイクロフトの肥りっぷりは痛快だった。
鑑賞日:09月18日

監督:スティーヴン・モファット,マーク・ゲイティス


SHERLOCK/シャーロック シーズン4 DVD-BOXSHERLOCK/シャーロック シーズン4 DVD-BOX
原作の要素が処々散りばめられているとは言え、殆どがネット探偵の新作になってしまった。シーズン1・2が好きならシャーロキアン、3以降が好きなら自称コミュ症。という感じ。第3話のユーラスはブスの真賀田四季に似ていて嫌悪感が湧き、ストーリーを純粋に楽しめなかった。とは言え作り込み度が日本のドラマとは次元が違う。制作費も桁違いだろうから仕方ないかもしれないが、もう少し頑張って欲しいと思った。
鑑賞日:09月19日

監督:スティーブン・モファット,マーク・ゲイティス

鑑賞メーター

2017年5月の読書メーター

2017年5月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:188
ナイス数:26

ふれなばおちん 3 (オフィスユーコミックス)ふれなばおちん 3 (オフィスユーコミックス)感想
電子書籍無料版が出ていたので続きを読んでしまった。好きな人のために綺麗になりたいとダイエットを始め、美容院に行ったり顔の手入れ等も始める夏。龍はかわいいと褒めてくれる。嬉しくてますます励む。自然の成り行きだけど、痩せたり髪を切ってもスルーの旦那がますます腹立たしい。元々旦那が夏にもう少しマシな格好をさせたいと始めた事なのに、変化に気付かないとは何事だ。というか、女房の事なんかどうでもいいように見える。龍にとられても仕方ないね。
読了日:05月01日

著者:小田 ゆうあ

読書メーター

2017年5月の鑑賞メーター

2017年5月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:547分

銀河鉄道の夜 [DVD]銀河鉄道の夜 [DVD]
1985年作らしいが、絵がひたすら美しい。人の生き死にや自分という現象を、美しい銀河へと旅立つ鉄道に表現した宮沢賢治の才気に改めて感動。学校の先生やカムパネルラの父親がジョバンニや子供達をさん付けで呼んだり、クラスメイトのいじめがあったり先生が人格者だったり、この世界がしっかりしているイメージに安心できる。映画ではジョバンニ達は猫だが、銀河鉄道に乗ってきた家庭教師と姉弟は人間になっている。一番好きなプリオシン海岸のイメージはちょっと違った。ジョバンニの仕事が文選工なのは当時の出版事情を伺わせる。
鑑賞日:05月10日

監督:杉井ギサブロー


アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
過去は変えられない。だけど過去から学ぶ事は出来る。FF8でもそう言ってたっけ。変わるのは私。アリスの母親が前向きに生き始める姿が清々しかった。ワンダーランドは相変わらず美しい。
鑑賞日:05月15日

監督:ジェームズ・ボビン


劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 [DVD]劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 [DVD]
作業BGMに流しておいたのできちんとは見ていないが結構面白かった。ラストは噴水だと最初で分かるところがいい。
鑑賞日:05月16日

監督:こだま兼嗣


アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
鑑賞日:05月17日

監督:中村義洋


箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション
結婚の条件としてはモテない公務員より全盲の娘の方が圧倒的に不利だと思うが、奈穂子の父親が社長であるとはいえ何故あれほど傲慢でいられるのかわからない。最初に牛丼を食べに行った時、奈穂子が左利きだと知って肘が当たらないよう席を移動したのが印象的。これだけ気配りの出来る人が、見た目地味だとしても13年間全くモテないという事はないと思う。ま、映画だから仕方ないっす。夏帆は目の見えない人の食べ方がとても上手かった。と思う。
鑑賞日:05月23日

監督:市井昌秀

鑑賞メーター

2017年3月の読書メーター

2017年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:382ページ
ナイス数:21ナイス

  

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)感想

電子書籍無料版にて。アニメで見ていたので既視感があった。それだけ原作に忠実にアニメが制作されているという事だろう。義理の姉との出来事が予想通りなのか気になる。

読了日:03月20日

著者:羽海野 チカ


花に染む 4 (クイーンズコミックス)花に染む 4 (クイーンズコミックス)感想

花乃が中学時代の回想。陽大はよく笑う子だったのか。雛はもともと陽向なんか眼中になかったのね。自分は好きな人に愛されて当たり前という態度は感じ悪い。根は良い人だと思っていたのに。それより冒頭で部屋に上がって行った二人の行動が気になる。

読了日:03月31日

著者:くらもち ふさこ


読書メーター

2017年3月の鑑賞メーター

2017年3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:9本
観た鑑賞時間:1447分

ハイキュー!! (第1期) コンプリート ブルーレイBOX (全25話, 625分) 古舘春一 アニメ [DVD] [Import] [リージョンB, 再生環境をご確認ください, パソコン又はリージョンフリーのプレイヤーで再生する必要があります]ハイキュー!! (第1期) コンプリート ブルーレイBOX (全25話, 625分) 古舘春一 アニメ [DVD] [Import] [リージョンB, 再生環境をご確認ください, パソコン又はリージョンフリーのプレイヤーで再生する必要があります]
鑑賞日:03月10日

監督:


ハイキュー!!セカンドシーズン Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット販売抽選申込券付き) [DVD]ハイキュー!!セカンドシーズン Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット販売抽選申込券付き) [DVD]
鑑賞日:03月10日

監督:満仲勧


ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 Vol.1(初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込み券付き) [DVD]ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 Vol.1(初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込み券付き) [DVD]
鑑賞日:03月10日

監督:満仲勧


重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
原作既読。読んだのは読書メーターを始める前だったらしい。細部はもう忘れてしまった。こんな結末だったっけ?でも納得できる内容だった。実の父親の最低ぶりが憎々しい程に伝わってきて、春がバットを振るうシーンが哀しくも印象的。あんなサイコパスがたった4年で野放しにされるなんてどう見ても間違っている。
鑑賞日:03月12日

監督:森淳一


鬼畜 [DVD]鬼畜 [DVD]
勤め始めた頃にこの映画が話題になった事があるのを思い出し鑑賞。いかにも松本清張という感じの暗い展開だった。緒形拳の情けない父親が絶品。余談だが、会社に来ていたバイトの男の子がオカズの少ない自分の弁当の事を「鬼畜弁当」と言っていた。「ウチの親は鬼畜だ」とか。作ってもらえるだけ有難いと思え、と憤りを感じたものだ。
鑑賞日:03月13日

監督:野村芳太郎


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
原作既読。HIVのくだりはよく覚えていたが、ラストはこんなんだったっけ?というくらい忘れていた。自分の事しか考えられないガキとそれを甘やかす馬鹿な親と、役に立たない熱血教師がよく表現されていたと思う。ウェルテル傑作。マザコンおそるべし。
鑑賞日:03月15日

監督:中島哲也


白ゆき姫殺人事件 [DVD]白ゆき姫殺人事件 [DVD]
原作既読。ネットの無責任な発言によって無関係な人が追い詰められていく様が、映像だと尚更リアルに感じられる。RED_STARという安易なアカウントで行動をいちいちツイートする赤星が、いかにも近頃の若者風で可笑しい。いじめを楽しむ子供達、それを止めるどころか追い討ちをかける担任教師、人の弱みを嬉しそうに吹聴するご近所、そういう社会にありふれた悪を浮き彫りにするのが湊かなえはとても上手だ。
鑑賞日:03月15日

監督:中村義洋


里見八犬伝 [DVD]里見八犬伝 [DVD]
妖婦玉梓が素っ裸で血の池から上がるシーンがもう一度見たくて再鑑賞(笑)。夏木マリがひたすら妖艶極まりない。衣装といいメイクといい、城の装飾品に至るまでなんとまあ禍々しい事よ。絢爛豪華でありながらおどろおどろしく退廃的で、背徳感満載な内容なのにラストは爽やかな二人の旅立ちで終わる、健全なのか不健全なのかわからん不思議な魅力にまたしてもやられました。てか『南総里見八犬伝』自体が妖しの物語ですね。
鑑賞日:03月15日

監督:深作欣二


ファンタスティック・プラネット [Blu-ray]ファンタスティック・プラネット [Blu-ray]
アニメとして初めてカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、やはりアニメとしては初の審査員特別賞を受賞した映画史に名を刻む一作。だそうな。赤い眼を持つ巨人ドラーグ族に虐げられる人類。主人公テールは仲間たちと共にドラーグ族への反逆を企てる。シュールな絵はキリコのようなダリのようなモンティ・パイソンのような。独特の雰囲気に目が離せない作品だった。
鑑賞日:03月29日

監督:ルネ・ラルー

鑑賞メーター

2017年1月の読書メーター

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1438ページ
ナイス数:37ナイス

飛ぶ夢をしばらく見ない (新潮文庫)飛ぶ夢をしばらく見ない (新潮文庫)感想
山田太一ファンタジー三部作の初作品らしい。タイトルがラノベっぽいと思ったら、中身も昭和ラノベ。設定は当時にしては斬新だったのかもしれない。若返っていく愛人に対する中年男のエロスはよくわかった。
読了日:01月17日

著者:山田 太一


(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))(P[あ]6-1)いまはむかし (ポプラ文庫ピュアフル (P[あ]6-1))感想
面白かった。『竹取物語』を現代の若者向けにテンポよくアレンジしてある。特にかぐや姫が五人の公達にリクエストした五つの品を、それぞれ神の力が宿った宝に見立てたところがよかった。中でも蓬萊の玉の枝は秀逸。月の満ち欠けにあわせて熟す白き果実ーーそれをひとかけ口にすれば、この世の知恵を望むだけわがものにできる。そしてその力を使った藤原不比等が右大臣として君臨したという設定もまことしやかで痛快だ。が、肝心の月守りカップルがかぐや姫と皇子というのはやや出来過ぎで安直感あり。あとラストの2行は蛇足だと思う。
読了日:01月23日

著者:安澄 加奈


王妃マルゴ 5 (愛蔵版コミックス)王妃マルゴ 5 (愛蔵版コミックス)感想
マルゴの母親カトリーヌ・ド・メディチは本当にこんな策略家だったのか。描かれているこの時代の王家で生き抜くためには先の先まで見通せる頭の良さが必要だった事は想像出来るが。シャルルのように心身ともに弱い人間が国王になってしまう世界、大量虐殺でセーヌ川が死体で埋め尽くされたり、力なき国民は大変だなぁとしみじみ。相変わらず絵が緻密で美しかった。
読了日:01月27日

著者:萩尾 望都


ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)ベルサイユのばら 13 (マーガレットコミックス)感想
今回はオスカルとアントワネットのエピソード。オスカルの方はすぐに内容が予想できたが、ラストで男としての人生を与えてくれた父親に感謝するシーンは何度見ても感動。この時代の女性はそんなにつまらない存在だったか。まあ今も大して変わらないような気がするが。アントワネットのブレゲの時計のエピソードは、知りたかった内容なので嬉しかった。ミニッツリピーターを打つマリー・アントワネットNo.160を知ったのは、確か『ギャラリーフェイク』でだったような気がする。
読了日:01月27日

著者:池田 理代子


花に染む 2 (クイーンズコミックス)花に染む 2 (クイーンズコミックス)感想
花乃復活。早気が治ってよかった。雛が誘導したみたいだけど、そもそも雛は陽大を好きなんだろうか。ぽいっと鍵をもらえる関係うらやましい。相変わらず地元が舞台なので景色も楽しんでます。
読了日:01月31日

著者:くらもち ふさこ


ポーの一族 復刻版 1 (フラワーコミックス)ポーの一族 復刻版 1 (フラワーコミックス)感想
電子書籍無料版にて。懐かしい。エドガーとメリーベルの兄妹が美しかった。「クリスマスは?」「ロンドンで」
読了日:01月31日

著者:萩尾 望都


読書メーター